読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌う稲穂に彩る花を

スターダスト芸能3部、私立恵比寿中学の小林歌穂さんを応援したい。3B juniorも好きです。っていうか星屑がだいたい好きでごんす。結構ドルヲタじゃないです。

青くて、

  おはようございます。
数日遅れですが、僕も見送ってきた話を書こうかなと思います。

前回のブログで、次回からはしょうもないことを書き綴るって言ったのですが、ちょっとタイミングが合わなかったので、しょうもない話は次回に延期します。

 

  という、どうでもいい説明をしてから始めます。
数多くのファンの方も綴っているとは思いますが、僕もパシフィコ横浜で行われた「松野莉奈を見送る会」に参列してきました。
事実を受け入れ難くて、参列して、献花してしまったら、何かが終わってしまうような気もして、躊躇していました。
それでも、彼女のためでもあるし、何より自分の心に区切りをつけるためにも行った方がいいだろうし、行かなかったら後悔しそうだなと思い、会場に向かいました。
多分、ほとんどの人がそうだとは思うのですが、横浜に向かいつつも何だか不思議というか変な気分でした。
情報としては分かっていても、実感が湧かないまま、この日が来てしまったなという印象です。

 

  僕がパシフィコ横浜に着いた時には会場の外に既に多くの方が並んでいました。

www.asahi.com

幾度も折り返している列に僕も並びました。皆さん思い思いの花を携えていました。
並んでいる最中、僕も含めて周りの皆さんも並びつつも実感はなかった、あるいは無意識に考えないようにしていたのか、友達同士で仲良くお喋りしながら待機している人も多かったです。
並んでいる時に見えた空と海は、とても青かったです。
天気が良くて、見送るには申し分ないな、と思ったりもしました。


  僕が会場内に入る頃には空も暗くなっていました。3時間程経っていました。
会場内に入っても、ロビー(?)にはまだまだ列があって、そこから更に1時間程待つことになりました。
会場の外と違って、中ではうっすらとエビ中の曲が流れていて、『できるかな?』『スーパーヒーロー』『アンコールの恋』あたりが流れてきた時にはちょっとやばかったです。
ロビーで待機している時もまだ皆会話をしていたのですが、列が動き出して、徐々にホールが近づいて来ると会話も減ってきました。
そして、ホールに繋がっている階段まで来ると、誰も喋らなくなっていました。
階段を少しずつ登ると同じように少しずつ緊張感が高まってきました。
階段を一段登るごとに胸が苦しくなってきました。

 

  気がつけばもう、階段を登りきっていて、開けっ放しの扉の先にホールが見えました。
徐々に列が進んで、いよいよ僕もホール内に踏み入れました。
ホールの中に入ってまず思ったのは、『静かだな』ということでした。
実際にはエビ中の曲が流れているのですが、僕が感じたのは静寂でした。
本来ならば、ここでファンクラブイベントが行われるはずだったのだなと思うと祭壇がなんだか場違いなモノに思えてきました。

 

f:id:engine-man:20170228044009j:plain

(松野さんを送る会 エビ中メンバーが献花 綾小路翔「言葉にならない」― スポニチ Sponichi Annex 芸能)

www.nikkansports.com

 

祭壇には文字通り、溢れんばかりの花が供えられていました。
そして、写真の前で手を合わせる人達。
それらが目に入った瞬間、急激に実感が湧いてきて、涙が出そうになりました。
この間にも列は少しずつ進んでいきます。
タイミングが良いのか悪いのか、祭壇の目前で『盆栽ガール』や『頑張ってる途中』が流れてきて、もう僕は涙が止められませんでした。
笑顔で見送るつもりだったのですが、それは難しかったようです。
いよいよ僕も祭壇の前に来ました。
慣れない手つきで献花して、手を合わせました。
それが10秒だったのか30秒だったのか、僕にはもう分かりません。
写真の中の彼女は笑顔がとても素敵でした。
一通り終わり、祭壇から離れ、会場の外に出ました。

 

  すっかり夜になっていました。
笑顔で見送ることはできなかったのですが、不思議とスッキリしていました。
会場の外に出て、ようやく笑顔が作れました。
傍から見たら、独りで笑顔の人が歩いてたら怖いだろうけど、今日くらいは赦してほしい。
終わってみたら、参列して良かったなと思いました。
ああいった儀式は、もちろん、この世を去った人のためにあるのだけど、残された人の心の整理のためにあるんだなと体感しました。
本当に今までありがとうございました。

 

  月曜日の夜、御両親からのメッセージと共にブログが更新されました。

lineblog.me

御両親が一番辛いはずなのに、ここまでのお心配り、感謝いたします。

 

あの日の翌日にライブがあったHEREさんの映像、見てない方は是非ご覧ください。

 

www.youtube.com

 

それでは、終わります。
明日からまた生きるぞ!

時間に咲いた花

    おはようございます。

 

lineblog.me

lineblog.me

 

約一週間経って、公式のコメントが出ました。
僕は、この一週間は正直受け入れるのが難しくて、どちらかというと現実逃避型というか、なるべく考えないようにしてきていたし、エビ中さんの曲も聴けませんでした。
しかし、こうやって校長とメンバーのコメントが出てきて、また少し受け入れることができたような気がします。
なので、これからはエビ中の曲も聴くことができるかなー。とか。

  それとちょっと話変わるんですけど、今回の件を受けて、後輩グループの方とか(事務所が違うアイドルの方も)がアイドル業というか芸能活動においての覚悟をより一層深めたり、彼女の分まで〜的なこととかブログ等に書いてらっしゃって、とても胸に来るものがありますし、僕も前回のブログで魂を受け継いでくれるはずだ!みたいなことを書いておいてなんですけど、あまり無理はしないで欲しいなというのも同時に思うわけであります。
もちろん、自分の意志でやっている分には問題ないんですけど、
もしも、芸能活動以外に目を向けたくなった時は今回の件を気にせずに自分の心に従って欲しいなと。
『彼女ができなかった分を私達が頑張るんだ!』的な気持ちが枷にはならないようにしてほしいなとは思います。
まあ、外野が言うことではないんですけど。

 

  いつまでも悲しい雰囲気なのもあれなので、次回からは再びしょうもないことばかりを書き綴るパティーンで行こうと思います。

 

youtu.be

 

 

  どうでもいいんですけど、なんか全国的にチョコレートが消費される日だったじゃないですか。
なんていうんですか?
セイント 主にチョコレート消費されるデイって言うんですか?言わないですよね。知ってます。
まあそんな日なのにワタクシは全くチョコは頂いておりませんし、なんなら脛をぶつけて青アザできたからね。
全然ハッピーな日じゃないからね。
僕が聖闘士ならなんとかなったのかな?
君それセイント違いやでとツッコんでくれる人もいないからね。

  そんなこんなで、終わります。

明日からまた生きるぞ!

  こんなにも悲しいことがあるとは想像もしていなくて、しばらく経っても信じられなくて、今でも受け入れられなくて、それでも目に入って来る情報が辛すぎて胸が苦しくなっています。

僕は彼女を一番に推していたわけではないけれど、こんなに苦しいのならば、彼女を一番に推していた(あるいは愛していた)方々はどんな気持ちなのだろうか。

本当に何も言えないのです。
何も言えないのですが、同時に何かを言いたいのです。
自分の中だけに留めておくには悲しすぎるのです。
なので、こんな時くらいは多少の痛い文章は赦して欲しいのです。
支離滅裂でも赦して欲しいのです。

誰かが悪いわけではないのに、こんなに悲しい、もしくは悔しい気持ちになるなんて考えてもいなかったです。

  色々な考えが頭の中で巡っています。
彼女は本当に、本当にこれからって時だったはずです。
2016年の年間ライブ動員ランキングで女性アイドル部門で5位になり、グループとしてもある程度の認知度と規模になり、個人としてもようやくレギュラーモデルになって。
所属グループで舞台をやってどんどん経験を積んで、女優としてだって活躍できたはずなのに。
バラエティ番組でも面白さを発揮していたのに。
もしかしたら、事務所のアイドルの中で、アイドルに軸足を置いたまま一番多方面で活躍する可能性のある人だったかもしれません。

 

  これからは、全ての意味合いが変わってしまうのが悲しいというか悔しいというか、なんともいえないです。
過去のライブ映像や舞台の映像やテレビの映像を見た時に、そこには今までとは違う思いがよぎってしまうでしょう。
これから、残されたメンバーには望むと望まざるとにかかわらず、仲間に起きた悲しい出来事を乗り越えようとする(乗り越えた)人達、という物語が付与されてしまうでしょう。
それは今までの、どこか牧歌的な要素のあるグループとは違ってきてしまうような気がして、少し怖いです。

  しかし、月並みな言葉ですが、それでも前を向くしかないのだと思います。
彼女の生き様や魂のようなものは、メンバーや後輩達に受け継がれると思いたいです。
現実は悲しいけれど、少しずつ受け入れて、生きていくしかないのです。とかね。

 

 

 

  そんな大変な1日でしたが、アイドルという職業は大変で。

 

 

 

freshlive.tv

 

直属の後輩グループである桜エビ〜ずさんはShowroom、ときめき♡宣伝部さんはAbemaTV FRESHという生配信番組に出演しておりました。
僕はリアルタイムで桜エビ〜ずさんの番組を見ていたんですけど、正直な話、腑抜けた状態で観始めたんですよ。
でも、桜エビ〜ずさんは、悲しいことなどなかったかのように元気いっぱいに振る舞っていてすごかったし、本当にね、笑わせてもらったんですよ。
最初はもうどうしていいか分からない感情だったんですけど、面白くて笑っちゃいましたよ。
ときめき♡宣伝部さんの方もまだ全部は見てないんですけど、明るく番組を始めていました。

  いやね、ベタなことを言いますけど、アイドルってすごいよ。
人を笑顔にできるんだもの。本当にすごいよ。
こんな時くらい配信中止しても……って、少し思ってたんですけど、番組を見て少し救われました。
もう一度言いますけど、アイドルってすごい。

 

 

本当にありがとうございました。

過ぎ行く夜風と共にあなたにこの言葉を贈りたい。『よいお年を2016』

  こんばん割り下ー!
まさかの大晦日だよー!
光陰矢の如しだよー!

  もうなんかブログに書きたいことが8兆個くらいあるんですけど、全然時間を割けなくてさっぱり書いてないまま2016年も終わろうとしているので、
とりあえず、『よいお年を』っていう日本人的な挨拶ぐらいは言っておかなきゃ人間性がガチで疑われるのかなという不安があったので更新しまーす!

  そんな年内最後に言いたいことは唯一つ!
先日の大学芸会の小林歌穂さん可愛いね!っていう話!
めちゃくちゃ出遅れてるけど!でも言っちゃう!

 

vimeo.com

最初はYouTubeに上がってたのに、なんやかんやでvimeoに再アップロードされるということもありましたが、vimeoを選ぶあたりに個人的には、やるやん、と思いました。

まずそもそも小林さんがちゃんと踊っているということに驚きと喜びみたいなものを覚えつつ、なんといってもこれー!

 

f:id:engine-man:20161231204633p:plain

なんかさ!このカチューシャ?的なものプラスさ、前髪があるの、
ごっっっっっっっっさ可愛くないですか?!
やっぱり前髪って必要だよね!!!
まあ無くても可愛いんですよ!
可愛いんですけど、前髪があることによって鬼に金棒というか、ガンダムにハイパーハンマーというか、ガオガイガーゴルディオンハンマーというか、つまりは戦闘力がバチボコに上がるじゃないですか!
マジ最高ですわ。デフォルトにしてほしいですわ。永久に。

  そんなサドンデスのライブ映像ですが、他にも個人的な見所として、

 

f:id:engine-man:20161231205518p:plain

ダンスバトルに興味がない!』といって、座り込む中山莉子さんですが、これなんかリングの上であぐらをかく柴田勝頼さんっぽくないですか?
あれ?僕だけ?

 

f:id:engine-man:20161231205524p:plain

それと、こちらのダンスバトルに勝ち残ってる時の柏木ひなたさんがとても可愛いです。
僕、このピースを横にするやつに弱いんだよな……。

 

といった所で、本年最後に述べておきたい話を終了とさせていただきます。
来年以降も細々とブログを続けていこうと思います。

  さようなランド・オブ・ザ・デッド〜!
また来世!

ノース・サウザンド・リビング!!!

  おはようございます!
メダルゲームのメダルを投げて悪を成敗するタイプの銭形平次です!
もうすごいんだから! メダルがガンダリウム合金を貫くんだから!

  そんなことはどうでもいいんですけど!
どれくらいどうでもいいかというと、
「吉田さん、年いくつなんですか?」
『え〜? 何歳だと思う?』
「う〜ん、34?」
『あー惜しい! 正解は、64兆歳!』
「ワーオ! 4しか合ってねえや!」
『「HAHAHAHA!!!!」』
っていう、文章を読むくらいどうでもいいんです!
そう! つまりは画面の向こうの……あなた達(の時間)です!
もういいかな!?
オンエアバトルをオマージュした決め台詞がバシッと決まったところでいいかな!?

 

  そんなわけで、昨日はノース・サウザンド・リビング……
そうですね! 北千住に参りましたよ!
なんでかというとですね、3B juniorさんの定例公演があったからです!
ヒューヒュー! (口笛かと思いきや喉笛を掻き斬られて空気が漏れ出てる音)
前回の定例は会場のキャパ少なすぎてまさかのチケットが瞬殺だったので行けなくて思わず、
「う、嘘でっしゃろ……?」
って涙を流しながら、あしたのジョーばりに真っ白になってたんですよ。
しかし、今回はキャパに余裕があったし、何よりロッカジャポニカさんがリリイベ同じ日にやるということで、分散したのもあってバッチリ買えたので行ってきちゃったんですよね!

  とりあえず、細かくレポートしようとすると結局完成しないでブログ書かないまま終わっちゃうので、簡易的にやりますね!

  えーと今回は(今回も)1曲だけスマホでなら撮影OKという施策がありましたので、その写真を載せて終わろうと思います。
本来はめちゃくちゃ数あるんですけど、なんというかちゃんと撮れてないのが多数なので厳選しました。(といってもそんな大層なものではございませんが)
余裕があれば後日に上げようかなと思いまする。
なので、本日はこちらで!

 

 

f:id:engine-man:20161124051515j:plain

このポーズの斎藤夏鈴さん、ごっさ可愛くないですか!?
そしてその隣の華山志歩さんもキュートですね!

 

 

f:id:engine-man:20161124051519j:plain

躍動感のある小田垣陽菜さんです。
マジ可愛いです。ヤバいです。
なかなかこの距離で少女のダンスを見ることないですからね。

 

 

f:id:engine-man:20161124051530j:plain

もういっちょひなちゅんです。
若干シリアスな表情。
至高です。

 

 

f:id:engine-man:20161124051537j:plain

あ、雨宮かのんさんだーーー!!!(『りょ、呂布だー!』のイメージで)
いやー麗しいな!

 

 

f:id:engine-man:20161124051549j:plain

可愛さの極みーーー!!!
マジで震えますね。
本当に僕と同じ人間なのかな?
あれでしょ? 向こうの方が税金とか高いんでしょ? そんなことないの?
僕みたいなドブスは税制上優遇されないの? 嘘でしょ……?

 

 

f:id:engine-man:20161124051600j:plain

そして最後にもう一度ひなちゅんだーーー!!!
ほんまにビッグスマイルやで!
これがサンシャインガールや!
太陽と同じ6000度ですからね。僕も身体が3分の1くらい蒸発してましたからね。
それでよく頑張って切符買って電車で帰ってこれたもんですよ。

 

終了でーす!
いやー本当に前回行けなかった分、定例が楽し過ぎて本気で、
『このまま終わらないでほしい……ずっと続けててほしい……』
って思いましたからね。
儚さがすごい。

  ちなみに今回はロッカジャポニカさんとうらんさんがいらっしゃらなかったので、全員揃っていなかったのですが、僕、しばらく26人全員のライブを見れてない……。
悲しい……。
それでもドチャクソ楽しかったので、これフルメンバーだったらどうなっちゃうの?
って、くらい楽しめたでやんす。

 

てなわけで、そろそろドロンさせていただきやす。
さようなランデブー!
また来世!