歌う稲穂に彩る花を

STARDUST PLANET、私立恵比寿中学の小林歌穂さんを応援したい。3B juniorも好きです。っていうか星屑がだいたい好きでごんす。結構ドルヲタじゃないです。

小林歌穂さん、お誕生日おめでとうございます! 本当に、本当に、おめでとうございます!

おめでとーーーーーー!!!

小林歌穂さんお誕生日おめでとーーーーーー!!!

最高の1日ー!!

おめでたいので歌穂ちゃんの誕生日を祝う歌を歌いまーす!

 

テーンテ テーンテ テテテテテン テン♪

今日も頼むぞ 歌穂ちゃーん エビ中の要〜!

冴える歌唱と ダンシング! 勝利を掴め〜!

 

フゥー!

皆様ご存知の古田敦也選手の応援歌の替え歌でお送りしましたけども!

ヤクルトスワローズ 応援歌 '98 yakult swallows 歌詞付 - YouTube(11:30くらいからだよ)

 

もう15歳ですよ。

早いものですよ。

ameblo.jp

14歳の時に女子力を上げるとか目標だったけど、考えました。笑
 
 
15歳の目標は!!
 
 
『女子力を上げるPart2』(笑笑笑笑笑)
 
考えてみたけどね、女子力あげるのことは難しいです(~_~;)
 
 
徐々に上げらるように頑張ります笑笑笑

 

 女子力を上げるのが目標とおっしゃっていますが、充分女子力あると思いますけどね!

これが女子じゃなくて何なのか…歌穂ちゃんを見て女子じゃないと言う輩がいたのならば、そいつにトペコンヒーロをお見舞いしてやりますよ!

マスカラ・ドラダ選手がね!僕じゃなくて。ドラダが。黄金の疾風が。

 

 

f:id:engine-man:20150612170727j:plain

 

小林歌穂ちゃんのお誕生日を祝う記事なのにドラダ選手の画像を入れる辺りに僕の天邪鬼な感じが出ちゃってて恥ずかしいんですけれども。

 

それは置いといて!

 

 

去年よりもRT数もお気に入り数も増えてて、更に多くの人に愛されるようになった歌穂ちゃん。 

 

 2014。

 

 まあ抱えてるタレント数が多いから仕方ないですけど、歌穂ちゃんの誕生日知らないなんて…理事長頼みますよ!

 

 ほら、あなた去年は良いこと言ってたのに!

なんで今年はそれが出来ないんですか!(笑)

とき宣にハートをロックオンされすぎなのでは!?(笑)

 

とか思ってたら、ちゃんとツイートしました。

 歌穂ちゃんが怒ったら、天変地異が起こりそうですよね…。

それくらい怒らないし笑顔が素敵な歌穂ちゃん…。

 

そんなこんなで。

 

見ているとこちらも自然と笑顔になってしまう、そんな人柄というかオーラというか雰囲気というか、力を持っている歌穂ちゃん。

 

そうした歌穂ちゃんの人となりが伝わってくるようなラジオでのトークなどを書き起こしてみました。

 

エビ中☆なんやねん 2014/12/02 

 

1202

エビ中☆なんやねん

喋ってる人:小林歌穂、ノンスタイル(井上、石田)

 

12月の放送にて、クリスマスの話になり、

 

井上:プライベートでクリスマス、過去でもええしこんなんしたよとかある?

小林:あっ、トナカイの着ぐるみみたいのなんか買って、ダンボールでソリ作って部屋の中でへへ、ふふふ(喋りながら笑い出す)

一同:(笑)

石田:部屋の中で?

井上:外出んと?

小林:寒いから、部屋でダンボールでソリ独りで作って(笑)

井上:独りで?!

小林:誰も乗せないで、お家の中を回ってた(笑)

井上:寂しすぎるやろ!(笑)

小林(笑)

井上:寂しすぎるやんそれ!そんなことしてたん?

小林:まだ妹も赤ちゃんだったから

井上:何歳くらいのとき?

小林:小2(笑)

石田:小2の頃に

小林:小2の時

石田:楽しかった?

小林:楽しかった!

石田:楽しかったか。でも次の年はせえへんかったんや

小林:うん

石田:大人になったんやな

一同:(笑)

井上:小3で気づいたんやな

石田:気づいたんやな

井上:あー違うなー

石田:あれはちょっと違うなって気づいたんやな

小林:でもサンタさんにアイロンビーズで作って枕元に置いといたら失くなってた…

一同:(笑)

石田:え?プレゼントと交換で?

小林:うん

石田:プレゼントもらって

小林:うん

井上:プレゼントもろたんやろ? プレゼントもろやったらええやん

石田:失くなってた言うからサンタさん盗んでいったんかなと

井上:交換でしょ?アイロンビーズと交換でプレゼント届いたんでしょ

小林:うん(笑)

悲しい遊びをしていた歌穂ちゃん(笑)

でも、それを独りで楽しめるところが歌穂ちゃんのメンタルというか、面白いところかなと。

そして妹が赤ちゃんだった頃なので仕方ないと考えての行動という辺りに、真山さんなども言ってた歌穂ちゃんのお姉さん感とかしっかりしている感が滲み出ている気がします。

まあ、次の年にはやらなくなってるんですけど(笑)

 

 

エビ中といえば、アイドル界でも有数の人見知り軍団ですが、その中にあって、まったく人見知りをしない歌穂ちゃんが友達の作り方を語っていました。

 

私立恵比寿中学 放送部 2015/03/08

出演:真山りか安本彩花、小林歌穂

 

エビ あやぽー

あやぽー祭り 終了です! - 私立恵比寿中学 放送部

 

リスナーからのメールを受けて、人見知りトーク。

安本さんが「話し掛けられるのが怖い」と言うと、「もうお友達作っちゃえばいいんじゃない?」と人見知りをしない人間ならではの発想をぶつけてくる歌穂ちゃん。

そして、

 

真山:どうするの?小林流、その、声の掛け方とかってなんなの?

小林:えっと、転入生が来た時に、あたし小林っていうんだけど(笑)あ、「小林歌穂っていうんだけど良かったら友達になってくれない?」って言ったら、『へ〜』って言われて

真山:え?

小林:え、なんか拒否られたのかなって思ったの、一瞬。でも、それを挫けず「これはこうやってやるんだよ」とか言ったら、ある日、『カホミンゴ』って言われた(笑)

一同:(笑)

安本:仲良くなってたんだ

真山:仲良くなったんだね

小林:いつの間にか仲良くなってた

安本:やっぱり、こう何回も何回も話し掛けに行くのが大事なのかな

小林:気づいたら友達になってるよ1回話したら

 なんというか、すごいエピソード(笑)

転入生も若干クレイジーな気もしますが(笑)

ただ、転入生からしたら、急に『カホミンゴ』と呼んでも怒られないんだろうな、と感じたのでしょう。

そしてそれは、歌穂ちゃんの明るいオーラというか優しさのオーラみたいなものがそうさせたのではないでしょうか。

笑福亭鶴瓶師匠が街ブラして一般の人に警戒されずに話し掛けられるように、歌穂ちゃんも相手の心を開かせる能力があるのかもしれません。

しかし、この歌穂ちゃんの友達の作り方、全然参考にならないな…(笑)

 

 

ちなみにこの日の放送部では、そんな歌穂ちゃんのお母さんのことがチラリと語られていました。

安本さんと歌穂ちゃんの喋り方が似てて判別がつかないというメールが来たことがあるという流れで、

 

安本:最初、歌穂ちゃん入ってきたばっかの頃、お父さんに、「歌穂ちゃん、あやちゃんに似てるって思っても絶対に言っちゃダメだよ失礼だから」って言われた(笑)

真山:あ、そっち?

小林:私のお母さんもね、若干ね、あやかちゃんのお父さんぽい感じがあるの

安本:家族ぐるみで似てるの?

小林:なんかママの中では私とあやかちゃんはバラエティ班なんだって

安本:あ!言われたよね!(笑)

小林:(笑)

安本:歌穂のお家に遊びに行った時に、テレビ見てて、「あやかちゃんと歌穂はこういう時にこういうことしなきゃダメだよバラエティ班だから」って言われた(笑)

小林:遊びに来てるのに(笑)

歌穂ちゃんのお母様も違うジャンルで愉快な人っぽいですよね(笑)

スカウトされた際に、「まだいいよ」と答えたという歌穂ちゃんをお母様が説得してくれたおかげで今の歌穂ちゃんがいるわけで、なんというかお母様にも感謝ですし、産んでくれてありがとうですよ。

スカウトされた時の話は各所で語ってますが、最近はデビューのインタビューでも語ってましたね。

https://deview.co.jp/Interview

 

 

そんなお母様を持つ歌穂ちゃん、これからも健康で、変わらずに育っていってほしいですね…。

歌穂ちゃんの魂に幸あれ!

 

 

歌穂ちゃん

かほちゃん ぺっ!

 

 

 

歌穂ちゃん2

歌穂ちゃん3

歌穂ちゃん4

歌穂ちゃん5

 

 

ちょっと自分でも方向性の見えない画像を貼ったところで、一言。

 

えー、去年と同じく、

自ら歌穂ちゃんフリークの第一線にある者が早期更新できず、日付を跨ぐとはいかないものの遅い更新になったことを、心より恥じる。 (財前教授風)

 

違うんですよ!

愛ゆえにですよ!

好きすぎて、何をしたら祝うことになるのか?果たして祝うことってなんだ?っていうかブログを更新することはお祝いになるのか?

みたいなことを考えてたら、全然更新できませんでした!

 

ただですね、冒頭のヤクルトの応援歌の替え歌は早い段階で決めてました。

あれだけはやるぞ!って!

なんてことを書いていたらなんと歌穂ちゃんが更にブログを更新しちゃってるじゃーん!

 

ameblo.jp

 

ということで、小林歌穂さんお誕生日おめでとうございました!

 

それでは!

おやす魅力的な小林歌穂さんの一生が素敵なものになりますように!

また来世!