歌う稲穂に彩る花を

スターダスト芸能3部、私立恵比寿中学の小林歌穂さんを応援したい。3B juniorも好きです。っていうか星屑がだいたい好きでごんす。結構ドルヲタじゃないです。

  こんなにも悲しいことがあるとは想像もしていなくて、しばらく経っても信じられなくて、今でも受け入れられなくて、それでも目に入って来る情報が辛すぎて胸が苦しくなっています。

僕は彼女を一番に推していたわけではないけれど、こんなに苦しいのならば、彼女を一番に推していた(あるいは愛していた)方々はどんな気持ちなのだろうか。

本当に何も言えないのです。
何も言えないのですが、同時に何かを言いたいのです。
自分の中だけに留めておくには悲しすぎるのです。
なので、こんな時くらいは多少の痛い文章は赦して欲しいのです。
支離滅裂でも赦して欲しいのです。

誰かが悪いわけではないのに、こんなに悲しい、もしくは悔しい気持ちになるなんて考えてもいなかったです。

  色々な考えが頭の中で巡っています。
彼女は本当に、本当にこれからって時だったはずです。
2016年の年間ライブ動員ランキングで女性アイドル部門で5位になり、グループとしてもある程度の認知度と規模になり、個人としてもようやくレギュラーモデルになって。
所属グループで舞台をやってどんどん経験を積んで、女優としてだって活躍できたはずなのに。
バラエティ番組でも面白さを発揮していたのに。
もしかしたら、事務所のアイドルの中で、アイドルに軸足を置いたまま一番多方面で活躍する可能性のある人だったかもしれません。

 

  これからは、全ての意味合いが変わってしまうのが悲しいというか悔しいというか、なんともいえないです。
過去のライブ映像や舞台の映像やテレビの映像を見た時に、そこには今までとは違う思いがよぎってしまうでしょう。
これから、残されたメンバーには望むと望まざるとにかかわらず、仲間に起きた悲しい出来事を乗り越えようとする(乗り越えた)人達、という物語が付与されてしまうでしょう。
それは今までの、どこか牧歌的な要素のあるグループとは違ってきてしまうような気がして、少し怖いです。

  しかし、月並みな言葉ですが、それでも前を向くしかないのだと思います。
彼女の生き様や魂のようなものは、メンバーや後輩達に受け継がれると思いたいです。
現実は悲しいけれど、少しずつ受け入れて、生きていくしかないのです。とかね。

 

 

 

  そんな大変な1日でしたが、アイドルという職業は大変で。

 

 

 

freshlive.tv

 

直属の後輩グループである桜エビ〜ずさんはShowroom、ときめき♡宣伝部さんはAbemaTV FRESHという生配信番組に出演しておりました。
僕はリアルタイムで桜エビ〜ずさんの番組を見ていたんですけど、正直な話、腑抜けた状態で観始めたんですよ。
でも、桜エビ〜ずさんは、悲しいことなどなかったかのように元気いっぱいに振る舞っていてすごかったし、本当にね、笑わせてもらったんですよ。
最初はもうどうしていいか分からない感情だったんですけど、面白くて笑っちゃいましたよ。
ときめき♡宣伝部さんの方もまだ全部は見てないんですけど、明るく番組を始めていました。

  いやね、ベタなことを言いますけど、アイドルってすごいよ。
人を笑顔にできるんだもの。本当にすごいよ。
こんな時くらい配信中止しても……って、少し思ってたんですけど、番組を見て少し救われました。
もう一度言いますけど、アイドルってすごい。

 

 

本当にありがとうございました。