歌う稲穂に彩る花を

STARDUST PLANET、私立恵比寿中学の小林歌穂さんを応援したい。3B juniorも好きです。っていうか星屑がだいたい好きでごんす。結構ドルヲタじゃないです。

モヤモヤを吐き出すだけの文

  分かっているんです。全て分かっているんです。
こんなことを言っても、運営に文句を言っても、運営の文句を書いても、そんなことをしても何も変わらないんです。世界は良い方向に変わらないんです。それはただの呪いの言葉で、それを見た誰かが嫌な気分になったり、あるいは自分に返ってきてネガティブな感情に支配されてしまうんです。
それでも、それでも嘆いてしまうんです。『なんでかなぁ』『もう少しなんとかならなかったのかなぁ』どうしても、そういう風に思ってしまうのです。

 

lineblog.me

 

freshlive.tv

 

本人が、アイドルじゃないことも経験してみたいというならば、それは尊重するべきだと思います。
気になってしまうのは、以前から相談をしていたという部分とメンバーに話したのは昨日という部分で、まあギリギリまで説得していたという見方もあるとは思うし、椎名さんの件もあったし、タイミングが難しいとは思うのですが、なんか、モヤモヤしてしまいます。
辞めることとその発表がこのタイミングになってしまったことを、内山さんが気に病むのは何か違うよなぁという思いです。

川上さんがTwitterで謝っているのも、何に対してどういう意味で謝っているのかよく分からないですし。

アイドルさんの卒業、脱退の報告でスッキリすることの方が珍しいとは思うんですけど、なんというか今までの積み重ねもあって、運営側に毎回毎回モヤモヤしてしまいます。

 

こういう私のモヤモヤを緩和してくれたのが奥澤レイナさん改め、奥澤レウさんです。

 

 

 

内山さんが言っていた言葉で好きな言葉があります。

『ありがとうは質より量ですね』

この言葉をリリイベツアーの最後とかにニコニコ(あるいはニヤニヤ)しながら言っていて、個人的にグッときていました

 

この世の中、
量より質かもしれないけど
 
ありがとうって言葉は
質より量だ !!
 
だからたくさん言わせてください !!
 
 
 
ありがとう !!
ありがとう!!
ありがとう !!

ameblo.jp

(参考文献)

 

まだ早いですが、これまでアイドルを続けてくれた内山さんにはありがとうと伝えたいです。

 

3B juniorさんは、ことあるごとにユニットで対決させられて、メンバーの中には『何で戦わなくていけないのか』という想いを抱えてる人もいて、それでも対決企画を何回もさせられてきました。
4月1日にもロッカジャポニカさんとアメフラっシさんで対決していました。
それらの戦いで何が得られると運営は考えていたのでしょうか?
それは仲間同士で戦わないと得られないのでしょうか?
その成果は出ているのでしょうか?
まだ出ていないのでしょうか?
僕にはよく分からないみたいです。
それでも、きっと、何かが良くなることを信じて、祈ることしかできないのです。

 

……。

…………。

………………。

……………………。

言っていい?
なんかもうそういう病気なので、真面目なことだけ書いてると不安になっちゃうんで、ちょっとだけ気になってること書いていい?
いきますね?

 

いーーーやっ、うっちーずの動画のもったいなさ!!!(東京ホテイソンたける風)

 

youtu.be

いや、中野サンプラザでのワンマンライブを盛り上げるためとは書いてはあるけど、この感じはちょくちょく上げてく雰囲気だったろ!
2本上げて終わりなのかい?!
もったいなくない?旬の筍を使った炊き込みご飯にバターチキンカレーをかけて食べるくらいもったいなくない?!
くぅ~無念!無念・イン・ザ・スカイ!
こちらからは以上です!

 

 

って、ドムドムハンバーガーで隣の女子高生が言ってました!!!